« 炸醤麺 | メイン | プロモーションビデオ完成! »

2013年11月 4日 (月)

老夫婦の店からのお願い

この年末、ウチの夫婦にあいついで誕生日がやって来て、ついにふたり合わせて115歳になります。老化が急激に進行しているのを身をもって実感ながら日々、仕事に励んでおります。ただ、やらなければならないことは、仕込み、仕入れ、洗い物、掃除などなど、数知れずあり、一日が終ると、もうかなりヘトヘトな状態です。自分たちでいうのもなんですが、ブラック企業も真っ青!という感じだと思います。それに加えて、最近の物価高で仕入れ価格もぐんぐん上昇しています。原価率は怖くて計算できない状態です。国内産小麦粉の自家製麺、国内産鶏肉で煮出すスープ(ガラは使っていません)で麺が一杯600円(ランチタイムは550円)というのは、かなり崖っぷちな状況です。それでも、楽しみに来ていただいているみなさまのご期待にそうためにも、なんとか営業を続けたい、と思っています。また、低価格維持のためにコストを少しでも軽減させるよう努力していますが、そのことでみなさまにもご迷惑をおかけすることもあろうかと思います。たとえば取り皿をお出しできないことや(ほとんどの料理は一人前のポーションでお出ししています)レンゲはセルフでお一人ひとつまで、など。いっけん些細な事柄のようですが、その洗い物を一日積み重ねるとたいへんな量になり、かなりの負担になっています。どうかご理解をいただきますようお願いいたします。

4291923787_77f18929ec_b

南炭屋町で開業したころです。1985年。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/556175/31936139

老夫婦の店からのお願いを参照しているブログ: